新着情報News&Topics

暴風雨の爪あと

2012.04.04

昨日の暴風雨の影響で私の住んでいる宝塚では昼前ぐらいから夕方まで雷も伴いとても激しいものでした。さすがに仕事も休みにして自宅で過ごしていましたが横殴りの雨ですごい音がしていました。
夕方5時頃、雨風が少し落ち着いてきたかなと思ったのもつかの間、携帯が鳴り市からの要請で宝塚市の造園組合の防災協定の関係で倒木などの撤去の為、市内の数箇所へ出動となりました。
雨は止んでいましたが風はまだ強い中、1件目に到着。大きなヒマラヤスギの枝が折れ、道路をふさいでいました。
そして日も暮れてきた頃、2件目に到着。宝塚市の地域の案内看板が基礎ごと傾いていました。クレーンで吊り上げ安全な場所へ移動し土のうで押さえ完了。

  

 

  

 

そして本日、北日本・北陸で大荒れの天候が続き死者や負傷者が出たとのニュースが入ってくる中、市から事務所へ1本の電話が入り、市内の山の方にあるうちの畑の木が倒れ農道を塞いでいるとの連絡。すぐに確認しに行くと広葉杉(こうようざん)が根こそぎ倒れていました。その場で伐採し、片付けましたが近隣の方々にはご迷惑をおかけしました。

 


今回の暴風雨で改めて自然災害の恐ろしさや防災の大切さを感じました。

@いぬい みねひさ